ウォーリーの口から出まかせ

ウォーリーの口から出まかせ

日下さんのコラムが終了していた事に今更ながら気づきました。

思えばステージセブン新聞が始まった当初から連載していたので僕と日下さんだけです。そしてどちらも一度も休載することなく続けてきました。日下さんの連載だけが僕のモチベーションだったのに完全に出し抜かれました。

そろそろ僕のコラムも最終回あったりしますか?亀井編集長?…|д゜)チラッ

さて最近はすっかり天鳳をやらなくなってしまったので久しぶりに過去の牌譜なんか見てみました。適当に検討していきます。


かなり場況がいいのでチーテン取ってもよさそうですが、打点的に不満なのでスルー。

結局
を自力で引いて一瞬で出あがりました。



ここでに手をかける人もいるかとは思います。

自分の考えではイーシャンテンからターツを払ってシャンテン数を落とす事はやってません。余程の打点アップがある場合のみですかね。でも前巡を見てもらえば分かりますがを抱えて完全イーシャンテンにはしていません。ペンと心中する気はなくイーシャンテンを維持しつつ良形のターツを探ります。残ったら渋でリーチ打ちます。



 

 

 

 

 

 

ここで切っていますがでも良かったかなと思います。

たぶんに魅力があったのだと思います。


 

 

 

 

 

 

 

ちょっと進んでこのはスルーです。一個前の画像では鳴き寄りですが

これはスルー寄りです。理由はイーシャンテンだからです。

先ほどもいいましたがが良さそうです。引けたら即リーチが打てます。

もしこのを仕掛けてしまったら残りのくっつき牌がになってしまいます。有効牌も少なければ待ちも最終的に弱くなってしまいます。

これではアガリまでの速度が速くなってるとは言い難いです。

が残っていたらまだ仕掛けれる形にはなってると思います。


最後は単騎でのリーチです。

これ一盃口のに取る人はいませんよね?ドラ表ですよ。

ただ迷ったのは打での二盃口狙い。ラス前のラス目なので大きくといこうと

思いましたが、ツモって裏々の運ゲーした方が速そうなので即リーとしました。

天才的にもこれをツモりますが裏は取らず舌打ち。

結局この半荘はラスりますが内容はそんなに悪くなかったと思いました。

忘れている頃の牌譜を見てみると少し打牌が違っていたりして、当時の自分の思考を考えながら見えるのでいいものですね。

ご愛読ありがとうございました。杉江の次回作にご期待下さい。

作者 杉江和哉

関連記事

  1. 池上さんの自由帳

  2. STAGE7新聞 りさのここで一句

  3. 日比的思考

  4. STAGE7新聞 柳瀬

  5. ウォーリーの口から出まかせ

  6. STAGE7 イベント情報

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部