STAGE7新聞 柳瀬

ギャンブル狂~番外編~

どーも、毎度おなじみのギャンブルのお時間です。担当は柳瀬 真志でお送りします。

今回は番外編をお伝え致します。と、言ってもいつものように旅に出たわけでは

ございません。正月も明けて、実家に帰ってみるとそこら中に直虎のノボリが立って

います。そうです。僕の実家浜松市は今年放送の始まった「女城主 直虎」の生誕の

地なのです。空前の直虎フィーバーです。とりあえず直虎って誰?って人のために

人物紹介でもしようかと思います。

直虎は遠江(今の静岡県西部)の井伊谷(いいのや)に井伊直盛の娘として天文13年(1544年)に誕生。本来は女性は家督を継ぐことはないのですが紆余曲折あり

(内容は大河ドラマを見てください)女として井伊家の家督を継ぐ事となる。

ちなみに赤備えで有名な「井伊直政」は直虎の本当の子供ではなく、許婚の直親jの

遺児で養子として育てた子です。(血は繋がっていない)

井伊谷について説明すると現在は浜松市北区となりますが、元々は引佐郡引佐町にあり

2005年、周辺10市町村とともに浜松市に編入されています。ちなみに私の地元は

その時に編入した引佐郡細江町と言う場所なので、実はそんなに盛り上がる状況では

無いと思っていました。なぜか細江町内に大河ドラマ館が出来ていて完全に

直虎の地元感満載で盛り上がっていました。

私の実家は農家をやっているのですが、畑に直虎の

ノボリを立てさせてくれって依頼があったようです。

そのお礼で大河ドラマ館の招待券をもらった

らしいです。本来なら地元への貢献の為に入場券を

買うべきなのでしょうが無料があるなら

使わせてもらいますと、親から強奪しました。

一応行く人もいるかもしれないので住所と地図も

載せておきます。

場所:静岡県浜松市北区細江町気賀369  浜松市みをつくし文化センターホール


館内はこんな感じになっています。

真田丸のドラマ館にも行きましたが

展示内容は同じようなものです。

パネルでの出演者の情報や

実際に使用していた衣装の展示、

メイキングが見れるミニシアター、

後はサインが飾ってあったりですね。

目玉?は一応映像の素晴らしさ

みたいなものらしいです。

入ってすぐに映像で映し出される

川があるのですがそこにある

仕掛けがあります。他にも井戸のセットがあって、そこを覗き込むとまた仕掛けが

あります。混んでいたのでみていませんが話題のVR体験が出来るコーナーも

ありました。館内は基本撮影禁止なので

撮れた写真はこれだけです。あしからず。

隣接している所にお土産屋さんもあるの

ですが、一番驚いた事がお土産の豊富さ。

今までの細江町のお土産といったら、

みそまんじゅうかうなぎくらいでした。

そんな町が直虎のおかげかラインナップの

多さといったら。とりあえず直虎の

キャラを貼り付ければなんでもお土産になります。クッキーやチョコ、煎餅などの

食べ物から、Tシャツ、タオル、クリアファイル。後は武将特有の兜や刀なんかも

ありました。岡崎店のためには、目に付いた

蒸しケーキとうなぎの肝の佃煮を買いました。

そういえば、ドラマ館に入る前に必ず記念

撮影してくれます(ほぼ強制的に撮られます)

小さいポストカード型の写真は帰りに無料で

もらえます。大きいサイズは有料です。

たしか1300円とか言っていました。ちなみに私は写真を撮られることが嫌いだし

ど平日に男1人で来ている人なんていないから、写真なんか撮られたくないですと

拒否しましたが、おっさんに強制的にパネルの前に立たされ、笑うところも無いのに

笑ってくださいとか言われ写真を撮られました。恥ずかしいので写真はすぐに

この世から消去しました。


さて、私の写真嫌いの話は置いておいて。観光に話をもどしましょう。お土産の

ラッピングもすごいですがバスとか電車とかもラッピングされて走っています。

電車の写真は転用ですがバスは実際のやつです。

他にも、自動販売機がラッピングされていました。

言い方は悪いですが田舎って

感じがします。なんでも

直虎や家康にあやかれば

いいと思っているんで

しょうね、結局。

ドラマ館だけでは観光的に寂しいと思ったのでゆかりの地や、撮影スポットにも

行ってきました。まずは、ドラマでもよく出てくる龍潭寺。ドラマのキーパーソンでも

ある南渓瑞聞が和尚を務めていたお寺です。

中に入るのは拝観料がかかるらしく入って

いません。たしか小さいころに祖母に

連れられて行った事があります。

なんか綺麗に整備された庭園があって、

それがなんたらかんたらって話だった

気がします。詳しく知りたい人は実際に

いってみるかネットで調べてください。

近くに井伊家発祥の井戸なるものもあったので

見て来ました(無料)。・・・ただの田んぼの

真ん中にある井戸みたいなものでした。

次に行きましょう。

ドラマのロケ地にも行ってきました。

まずは、久留女木の棚田。

日本の棚田百選にも選ばれています。

本来なら稲穂が垂れているところとかを

撮りたいのですが残念ながら今は、

真冬です。完全に荒野と化していました。

本当はもっと高い所から写真を撮ろうと

思っていたのですが、あまりの道の悪さに

昇る事を断念しました。入り口は害獣防止の

ために柵で封鎖されていますので勝手に

開けて入って下さい(ちゃんと閉めてね)

近くに小学校があって、そこが駐車場にも

なっていますので車でも行けます。

(というより車以外で行けないかも・・・)

とにかくど田舎なので行かれる方は覚悟して

行ってください。

時間が余ったのでもう1箇所ロケ地に行ってきました。場所は岩根の滝です。

まだドラマでは登場してきていませんが直虎(柴崎コウ)が滝に打たれている

シーンを撮影したようです。ちなみに私の

実家から徒歩10分ほどの所にあります。

完全に小学生の遊びのテリトリーでした。

昔は川遊びに行っていた記憶のある場所です。

詳しい住所などはネットで調べてください。

駐車場が無いので、天竜浜名湖鉄道で

行くのをオススメします。

(もしくはこっそり路駐)

ここも完全にただの田舎です。ここで

柴崎コウが滝に打たれたって想像すると

私は滝になりたいって思っちゃいました。


今回の帰省は良いものになりました。

しばらく直虎フィーバーは続きそうなので

地元も盛り上がると思います。次回の帰省でも

ロケ地巡りしようかと思っています。

結構遠いですが高根城址とかに行きたいですね。

ドラマもちゃんと見ようと思います。

関連記事

  1. STAGE7新聞 倉田

  2. STAGE7新聞 金森

  3. STAGE7新聞 倉光

  4. おかざきわたし ひとりめし

  5. STAGE7新聞 亀井

  6. 麻雀探求綺譚

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部