続・俺に乗れ


エリザベス女王杯の結果は、

1着 クイーンズリング

2着 シングウィズジョイ

3着 ミッキークイーン

となりました。

今月は、12月25日の有馬記念でいきます。

現時点での出走予想馬は以下の通り。

出走予想馬

騎手

予想

横井

内田

村手

金森

安田

キタサンブラック

武豊

サトノダイヤモンド

ルメール

2

シュヴァルグラン

福永

   

ゴールドアクター

吉田

   

リアルスティール            
サウンズオブアース

デムーロ

1

ミッキークイーン

浜中

         
アルバート

戸崎

         
マリアライト

蛯名

 

レインボーライン        

 
アドマイヤデウス

岩田

 

     
リアファル            
サトノノブレス            
トーホウジャッカル

酒井

         
ワンアンドオンリー

内田

         
ラストインパクト

川田

3

       


□塩釜店 金森 有馬記念予想□

予想の前に 負担重量を考える

有馬記念の現在の負担重量は、3歳馬55キロ、4歳以上馬57キロです。
有馬記念が行われるのは12月末。
3歳馬にしてみれば、1週間もすれば明け4歳、
即ちほぼ4歳の馬が古馬相手に2キロのハンデをもらっているので、
負担重量で一番恵まれているのは3歳馬、次に4歳馬となるわけですね。
よって軸馬の選定は3歳馬→4歳馬の順に精査することになります。

3歳馬の連軸◎候補

連軸となる3歳馬は、次のいずれかに該当する
1・菊花賞0.1秒差勝ちからの直行
2・古馬G1勝ち

過去10年間で該当馬が6頭しかおらず、

(マンハッタンカフェ、ディープインパクト、オルフェーヴル、

ゴールドシップ、シンボリクリスエス、ダイワスカーレット)
全ての馬が連対。それにしても錚々たるメンツです。
今回の人気の一角サトノダイアモンドは1の条件に該当。
やはり菊花賞でしっかり着差をつけて勝った馬の信頼性は高そうです。

4歳馬の連軸◎候補

続いて4歳馬の連軸候補となる条件は以下の通り
1・前年の連対馬で、今秋の牡馬G1を連対している馬
2・当年牡馬G1 2勝以上

今回一番人気が予想されるキタサンブラックは2の条件にバッチリ該当。
どうやら今年の有馬記念はあまり荒れないか?

対抗馬〇の条件

軸は上記の2頭のどちらか、もしくは両方で堅そうとして、
次は相手候補の選択となる。条件は以下の通り。

1・G1連対歴のある3歳馬
2・当年古馬G2ひとつを含む古馬重賞2勝
3・2400m以上のG1での連対実績が2回
4・当年芝2000m以上の古馬G1連対歴
5・当年芝の古馬オープンでレコード勝ち


ここからあてはまる○候補は以下の通り
レインボーライン
ゴールドアクター
サウンズオブアース
マリアライト

3着馬にも傾向あり?

一応3着候補▲の条件にも特徴があるので記載。

1・当年G1連対実績か古馬重賞勝ちのある3歳馬
2・当年、古馬牡馬重賞で3着以内が3回以上
3・過去の有馬記念で3着以内歴


ここではシュヴァルグランが当てはまります。

☆買い目☆
◎2頭のワイド
◎→○▲への3連単2頭軸マルチ
正直人気馬ばかりで面白味がないですが…

おまけ 有馬記念でのコース中山2500mの特徴

☆外枠はめちゃくちゃ不利☆
有馬記念のフルゲートは16頭。ありのままのデータを示すと、

ここ20年、馬番15と16は一切馬券圏内に来てません。
2008年はピンクの帽子大外枠のワンツーフィニッシュでしたが、
この年はフルゲート割れしており、頭数は14頭立て。
つまり普段なら7枠から発走してた馬が8枠となっていただけです。
今年の有馬記念がフルゲート16頭立てになり、15と16を引いてしまった馬は、
結構な割引が必要かもしれません。

★桜山店 内田予想

◎キタサンブラック

今年に入って、初戦の産経大阪杯以外はすべて2枠以内という強運。しかも最内が3回。スタートも悪くなく、前にいくこの馬には絶好の枠ばかりひいている。

前走ジャパンカップも特に競りかけて行く馬もなく、行ったっきりの快勝。さすがにマークは厳しくなると思われるが、今回も内目ならアッサリ勝ってしまいそう。外目ならやや考えものだが、それでも大崩れはしなさそう。中山も苦手じゃないし、ここは迷わず本命にします。

○マリアライト

前走、前々走とやや力に陰りが見え始めている気がするものの、その影響で人気も落ちそうだし、有馬までならワンチャン期待してみたくなる。

去年は大外から4着まで食い込んで来てるし、中山、長距離、中穴くらいならもう一度だけ、この女の子と、蛯名を信じてみようと思います。

▲サトノダイヤモンド

古馬との対戦が初なので、相手関係は分からないものの、3歳馬はここ10年で6頭連帯しており、その条件がクラシックで勝っていること、その条件に唯一当てはまる。

前走菊花賞も上り最速でタイム差以上の快勝。現3歳世代が現時点で強いとまでは言い切れないが、アッサリ勝っても不思議ではない。

ただし、中山は皐月賞3着以外走っていないので適性があるのか、ないのか分からない。アッサリ止まってしまうことも考えられそう。

△サウンドオブアース

現日本競馬界における最強のシルバーコレクター。決め手に欠ける分勝ち切るイメージはまったく浮かばないが2、3着づけなら買いたいし、買わざるを得ない。

△アドマイヤデウス

穴狙いならこの馬かなー。

前走はマイナス14キロ。さすがに減りすぎで、体重が戻ってくれば好走しそうな気もする。

そして何より今年の流行語が神ってる。デウス。これはそのまますぎるかなー。

★塩釜口店 安田予想

ジングルベル♪ ジングルベル♪ 鈴が鳴る♪

今年の有馬記念はクリスマス決戦。

競馬ファンにクリスマスプレゼントを届けてくれる馬はどの馬か?

今年最後もサブちゃん祭り  キタサンブラックか?

その能力はダイヤモンドの輝き  サトノダイヤモンドか?

今年も主演は譲らない  ゴールドアクターか?

クリスマスに地球も歌う!? サウンズオブアースか?

JC3着で見せた本格化の兆し。ここは偉大な馬への第一章  シュヴァルグランか?

成功の石は幸運のお守り  マリアライトか?

はたまたその他の伏兵か・・・・

さぁ、クリスマスプレゼントにあやかるためにも張り切って予想しましょう♪

1 有馬記念のポイント

・非根幹距離(1800m、2200m、2500m)に強い馬

・スタミナに不安のない血統。

・ディープ産駒が比較的苦手。

・ハーツクライ・ネオユニヴァース産駒は比較的相性が良い。

・小回り適性。

・内枠が有利。

こんなところでしょうか。

2 予想

能力上位のキタサンブラック、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、サウンズオブアースの4頭で決まりそうに思います。

例年、天皇賞・JCと使っている馬は調子を落として結構負けるのですが、今年のこの4頭は共に今秋3走目。この一戦は恐らく体調維持出来るでしょう。

且つ、この4頭は中山コースにも不安が無いと来ています。

正直逆らう理由が見当たらないですね。

と言うことで、予想の方針としてはもう単純に能力比較で良いかなと思います。

◎キタサンブラック

○サトノダイヤモンド

▲ゴールドアクター

△サウンズオブアース

△シュヴァルグラン

△マリアライト

古馬勢ではキタサンブラック。

今年に入り、完全に本格化。上半期も十分に素晴らしい馬体でしたが、この秋に完全体になったように思います。

先行抜け出し、力で後続を捻じ伏せたJCを見るに、現在の古馬クラシックディスタンス部門では抜けた存在。

有馬記念も4角~直線入り口で後続を突き放す競馬をしてくると思う。それで勝ち切る自信を武さんも持っているはず・・・

同じ古馬勢に負けるイメージとしては、宝塚記念のようにハイペースで最後甘くなった所を差される感じか。それにしたって、宝塚記念のように馬場が渋ってくれないと厳しい気がする。宝塚記念を見る限り、重馬場よりも良馬場の方が良さそうな気はしているので。

もしくは、ゴールドアクター・マリアライト辺りが玉砕覚悟で潰しに行くか・・・

キタサンブラックを真っ向から捻じ伏せられる可能性を秘めているのは、3歳のサトノダイヤモンド。

菊花賞では素晴らしいポテンシャルを見せてくれた。イメージ的にはビワハヤヒデ。

気性が難しく常にポテンシャルを発揮できなかったエピファネイアよりも安定感があるビワハヤヒデを彷彿しました。

ただ、菊花賞の時も関係者が「本質的には3000mは長い」とコメントしているように、本質的には2000m~2400mの馬という気はする。(血統的にもね)

菊花賞はポテンシャルの違いと素直な気性で圧勝してみせたが、古馬の一流所と真っ向勝負して、微妙に長そうに思える2500m戦で押し切れるかどうか。

最後甘くなって、3~4着なんて結果も?

ゴールドアクターとサウンズオブアースとシュヴァルグランは正直JCでキタサンブラックと勝負付けが済んでしまった気がします。

特にゴールドアクターは同じ先行脚質で、キタサンブラックが潰れるような展開になったらゴールドアクターも厳しそう。

逆転があるとすれば差しのサウンズオブアースだろうけど、展開が味方してくれるかどうか。

サウンズオブアースが1着に来るイメージとしては、97年シルクジャスティスの有馬記念。

サトノダイヤモンドが前のキタサンブラック一頭と決めてかかって、2頭がやり合っている間隙を差す。 ただ、シルクジャスティスのようなキレがサウンズオブアースにあるのかどうかはちょっと疑問ですが。

マリアライトはこの秋の走りがちょっとだらしないですね。宝塚記念で燃え尽きたかな?

あって3着かなと。あとは馬場が渋った場合にちょっと考えます。

まとめ

【本線】

馬連 キタサンブラック - サトノダイヤモンド

【対抗】

馬連 キタサンブラック - ゴールドアクター

   キタサンブラック - サウンズオブアース

【3連単】

1着 キタサン・サトノ

2着 キタサン・サトノ・ゴールド・サウンズ

3着 キタサン・サトノ・ゴールド・サウンズ・シュヴァルグラン

荒れるとすれば、キタサンブラック、ゴールドアクター、マリアライトがやり合ってハイペースになり、キタサンブラックが沈む展開 or キタサンブラックを意識した早仕掛けで有力馬が返り討ちに遇う展開。

どっちの場合にしろ、登場するのは後ろで脚を溜めていた馬ですかね。2008年のアドマイヤモナークのような。

あとは、4頭(キタサン・サトノ・ゴールド・サウンズ)が大外枠に入った場合。

その時は割引が必要ですが。キタサンブラックが大外に入ってしまったらどうしようかな。

3 有馬記念恒例、今年の重大ニュース馬券

広島東洋カープ  → 3枠(赤)

大谷翔平(二刀流、背番号11) → 2枠 or 11番

アメリカ新大統領トランプ氏 → サトノダイヤモンド

それでは、良い有馬記念を♪

関連記事

  1. STAGE7新聞 金森

  2. STAGE7新聞 八事店

  3. STAGE7新聞 八事店

  4. 続・俺に乗れ

  5. STAGE7新聞 金森

  6. 日比的思考

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部