STAGE7新聞 大橋

麻雀プロのマニアック思考

麻雀整体師 大橋幸正

第二回~ツモの流れを見よ(その1)~

どうも、麻雀整体師こと大橋幸正です。少しだけわたしの近況をお話したいと思います。

9月24日に行われた麻雀最強戦2017全日本プロ代表決定戦ベスト8に残り、対局してきました。この対局はAbemaTVで生放送され、その時にわたしのキャッチコピーとして、麻雀整体師と運営サイドの方につけていただきました。なぜかって、わたしは桜山店のメンバーの他に整体の仕事をしているからです。そのまんまですが、なかなか気にいっています!

さすが麻雀最強戦で、前日のベスト32を勝ち上がったあと、取材やニコニコ動画の生放送でインタビューを受けましたし、ベスト8の試合前にヘアメイクもしていただきました(人生初!)なんか、芸能人になった気分です。

9月の頭にも新人王戦で決勝に残り(こちらもニコニコ動画で生放送されました)、1か月で映像対局を2回も経験させていただき、非常に濃い経験をさせていただきましたが、どちらも負けてしまったので、喜びなんかは残っていなく、悔しい気持ちしか残っていません。まだまだ麻雀プロ人生はこれからなので、より気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

では、本題に入っていきたいと思います。

南1局東家8巡目 ドラ  35000点持ちトップ目(2着と3000点差)

 ツモ

今から8年前、まだわたしが麻雀プロは遠い存在でかなうわけがないと思っていた頃、上記の手牌について、アマチュアの方がネットのブログで取り上げているのを見ました。

同時期に、わたしの麻雀人生を大きく変化させる出逢いがあり、その方は日本プロ麻雀連盟のベテランプロ(Sプロ)で、はじめて麻雀プロのライセンスを持っている方と対局させてもらいました。

以後、Sプロに麻雀についていろいろ教わり、今日のわたしが存在するわけなんですが、上記の手牌について、Sプロに尋ねたところ、

切りリーチ。トップ目なので安目でもアガる。」

と回答されました。

8年前のわたしは、上記の手牌はツモ切り一択で、理由はを切って安目でアガりたくない、そして、この最高打点の形のまま勝負して敗れたなら悔い無し、この牌姿を他家に見せつけてやりたい、卓上で目立ちたいからなんならその前にリーチしている・・・という言ってしまえば、独り相撲な発想でした。

この考えにSプロは呆れていて、

Sプロ「をツモってきた意味を考えないといけない。をツモってきたということは・・・と考えるのが麻雀は大事。ツモの流れを読まないとひどいアガり逃しをして他家を助けてしまうよ。卓上を支配したい=リーチと考えるのは浅はか。で、この局の結果はどうだったの?」

この局の結末は、ツモ切りの次巡のツモは切りリーチなら、動きが入らなければ、一発ツモ。をツモ切ったらロンの声・・・他家に放銃という結末とのことでした。

昔のわたしならば、この放銃はしょうがない、ツイてないと思っていたでしょう。

しかし、ツモの意味を考えると、打ってはいけないであったわけです。

もっとも、今のわたしならば、ツモの意味を考え、切りダマテンを選択し、をツモってきたら、状況によって待ち変えするかなと思います。

もちろん、ツモの前の形を最終形と捉え、その前にリーチする選択も良いと思います。ただし、ダマテンを選択した以上、ツモの流れを敏感に感じとらなければならないわけです。

たとえば、こんな牌姿

マンズののターツの部分が配牌からあったとして、7巡目にツモときたとします。河には関連牌は切れていません。さて、皆さん、何を切りますか?

大多数の人はツモ切りではないでしょうか?

こんな時は、切りが正着です。

配牌からあるマンズのターツ部分が先に埋まらずに、を持って来たということは、ピンズを厚く持って、マンズを見切りなさいというサインです。

そうすると、間が埋まって、のアガリ逃しを防げるようになりますよ。

もっとも、麻雀ですから、100%それが成功するとはなりませんが、こういったケースだと、わたしの体感だと70%くらいで成功します。ツモ切りは失敗に終わることがほとんどです。

まとめると、ツモ=出逢いです。出逢いは大切にした方が、人生も麻雀も豊かなものになりますね!
以上、プライベートの出逢いをあまり大切にせずに、友人が少なく、屈折したわたくしの第二回コラムでした。
第三回もツモの流れについて、話していきたいと思いますので、お付き合い下さい。

関連記事

  1. STAGE7 女性メンバー紹介

  2. STAGE7新聞 秋華賞

  3. STAGE7新聞 倉光

  4. STAGE7新聞 金山店

  5. STAGE7新聞 大橋

  6. STAGE7編集部

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部