STAGE7新聞 秋華賞

● 予想まとめ

まとめから書きます。 予想はとっ散かったので後述としました。

◎ ディアドラ

○ アエロリット

▲ ラビットラン

△ カワキタエンカ

△ リスグラシュー

☆ ファンディーナ

ディアドラに期待したい。この2戦は強かった印象。ショウナンパンドラやヴィブロスのように紫苑Sから羽ばたく。

アエロリットは秋華賞で比較的不利とされる先行脚質。2000mも初めてで(1800mは問題なかったのでまあ大丈夫と思うが)、3~4コーナーの坂をどう捌いてくるか注目。ギアチェンジ能力が高いから上手く立ち回ってくると思うが、瞬間の切れ味では劣るので、坂でペースダウンして後ろに取り付かれると何かに差されるかも。安定感はメンバーNo1だと思う。

ローズSで高速馬場の適性を示したラビットランを3番手に、カワキタエンカは何となく(買わないかも)。リスグラシューも一応押さえ。

ファンディーナは正直苦しいとは思う。軽い馬場よりも少し重目の馬場の方が合ってそうな感じ。ローズSで逃げたカワキタエンカを差せなかったのは致命的といえる敗戦だった。調子もそこまで上がってきてないのかもしれない。勝って欲しい個人的な願望も込みで☆印。

馬連

ディアドラ - アエロリット

1点で攻めてみたいかも。もしくは3連単で2頭の1・2着固定とか・・・久々に行ってみるか?
さすがにディアドラ・アエロリット2頭とも沈む事は無いと思う。たぶん・・・きっと・・・ここから先は、予想です。参考になれば。

1. 過去の秋華賞の結果から傾向を考える

・1400m戦で結果を残している馬。

但し、1400mギリギリの馬はダメ。自身が2000m以上で結果を残しているか、2000m以上のGⅠを勝っている種牡馬の血を持っている必要はある。

・秋緒戦を4着以下に敗れた春の実績馬はあまり来ていない。

秋華賞本番での巻き返しは望みにくい結果が出ているのですよね。

・血統的にはミスプロ系が入っていると良いかも? ディープインパクトも問題なし。

高速馬場なので、短距離タイプのスピード血統が入っていると良いかも。

2. 過去のラップ傾向からレースの性格を読み解く

まずは秋華賞の全体のペースだが、基本的には前半が速い傾向にある

昨年と2012年(ジェンティルドンナの年)はスローになっている様にそうならない場合も勿論あるが、前半を58秒台で入って、後半59秒台で締めてくる、そんなイメージ。

脚質的には差しや好位組が有利で、逃げや追込など極端な脚質は不利。京都競馬場は内回りにも3角に坂(残り1000mの辺りが上りで、残り800m辺りが下り)がある。

それの影響もあってか前半から5Fは淡々と過ごすのだが、前が3角の下りでどうしてもペースを落とす意識が働く。そうすると縦長の展開でもここで馬群が凝縮して後ろの馬に楽に取り付かれる。また、ペースが上がれば前の早仕掛けの意識も強く持ちにくい。かと言って、坂の上りでペースダウンせずに最後まで押し切れるほど楽でもない。このような事から基本は前の馬には苦しいレースとなっている。

もう一つ秋華賞の特徴としては、L2最速が6回と一番多いこと。

普通、後ろから行く馬が強いレースになる程仕掛け所も前倒しになり易い(L3、L4最速戦)のだが、秋華賞は前半ペースが流れる事で各馬の仕掛け所の意識が遅れるのだろうか。それでいて京都の馬場は超高速なので、結果的にL2最速となるのだと思う。

もちろん坂の下りから除々にペースアップするのだが、4コーナー最速率はそこまで高くないので外からの差し切りも決まるのだと思う。外からの差し切りが決まるのに追込馬が苦戦するのは、前半のペースがそこそこ上がって基礎スピードを問われる割に、本仕掛けはL2が多いので届ききらない・・・という事だろう。

まとめると、秋華賞で強いのは好位~中団でしっかりと末脚を出し切れる馬・・・かな。上でも書いたけど。父:ディープインパクトなんか合いそうな条件かと。

京都競馬場のコース立体図と高低断面図(JRAホームページより参照)なんかもあるので、坂の位置なんかを確認して秋華賞のレースをイメージしてもらえれば。

3.有力馬 短評

① ディアドラ

紫苑S(GⅢ 中山芝内2000m良) ①着

1:59.8 61.3 – 58.5

12.3 – 11.4 – 12.3 – 12.5 – 12.8 – 12.3 – 11.9 – 11.5 – 11.4 – 11.4

馬が強かったなという印象。前がドスローでレースを支配する中、中団外から力で捻じ伏せた。

L2で先頭との差を5馬身から3馬身に、L1で更に3馬身を差し切っているから、ディアドラ自身はL2~L1を11.0 – 10秒後半くらいでまとめているはず。中山の最後の坂も考慮するとトップスピードの質は相当。

HTB賞(1000万下 札幌芝1800m稍重) ①着

2:02.1 62.5 – 59.6

12.8 – 11.9 – 12.3 – 12.7 – 12.8 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0

残り1000mから2段階加速に近いポテンシャル戦で、前目内目で立ち回ったラヴィエールをしっかり差し切った。3着以下は31/2離しているし、ラヴィエールもまた強かったと思う。その相手に完勝するのだからやはり強い。

桜花賞の46.5 – 48.0というかなりのハイペースでも後方からとはいえしぶとく脚を使ってきているし、アネモネSも46.6 – 48.1とハイペースの中、3~4コーナーで減速してきた前の馬に巻き込まれながらもL1で盛り返してきている。

この2レースから道中ペースが上がっても対応可能だろうし、馬場も問わない。十分秋華賞を狙える位置に居ると思う。重い印を打ちたい。

② アエロリット

クイーンS(GⅢ 札幌芝1800m良) ①着

1:45.7 46.8 – 47.4
12.2 – 11.2 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.9 – 12.1 – 11.5 – 11.9

基礎スピードの高さと、前半ある程度速くても後半の脚を使える点、ギアチェンジ能力の高さとアエロリットの良さを十分に出したレースだったと思う。逃げ馬が居ないようなら自身で逃げるという戦術のオプションも加えてきた点はプラス。

NHKマイルC(GⅠ
東京芝1600m良) ①着

1:32.3 46.1 – 46.2

12.4 – 10.9 – 11.2 – 11.6 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.8

淀みのない平均ペースのレース。昨年のメジャーエンブレムのタイムが1.32.8だから、タイムも優秀で強い競馬といって言いと思う。

好スタートから好位置をキープして直線を向いて先頭へ。L2地点でリエノテソーロの強襲を受けるが、L1で突き放して優勝。

クイーンSの所と一緒。基礎スピードに優れ、前半ある程度速くても後半もある程度脚を使える・・・

欠点は、瞬間的な切れ味はやはり見劣りする点。クイーンSではアドマイヤミヤビに切れの差で負けているし、NHKマイルCでリエノテソーロに詰められている。NHKマイルCはある程度ペースを引き上げたにも関わらずである。

L2で抜け出してもL1である程度踏ん張れるので、理想は若干のハイペースで後続に脚を使わせて、L2で抜け出しセーフティリードを作り粘りこむ感じかな。

あとは、クイーンS・桜花賞とスタート出負けしているのでそこは若干不安。出負けしてスローペースになったりすると厳しそうなので。

③ リスグラシュー

リスグラシューが強いなと感じたレースは、阪神JFと桜花賞。共通点としては、ある程度時計の掛かる馬場で、L1をバテ差す展開になっていること。

阪神JF(GⅠ
阪神芝外1600m良) ②着

1:34.2 46.7 – 47.3

12.4 – 11.0 – 11.3 – 12.0 – 12.1 – 11.5 – 11.5 – 12.2

桜花賞(GⅠ
阪神芝外1600m) ②着

1.34.5 46.5 – 48.0

12.7 – 10.9 – 11.1 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.9 – 12.8

逆にイマイチだったのがチューリップ賞とローズS。

チューリップ賞(GⅢ
阪神芝外1600m) ③着

1:33.6 46.4 – 46.8

12.4 – 10.7 – 11.1 – 12.2 – 12.2 – 11.4 – 11.3 – 11.9

ローズS(GⅡ
阪神芝外1800m)
③着

1.45.5 46.4 – 46.9

12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.3 – 12.0

あとはオークスもイマイチの方に分類かな。共通点は馬場が軽く、他の馬がある程度余力がある中でのトップスピード戦となっていること。

まとめると、理想の展開は桜花賞のように馬場が渋ってのバテ差し比べ。高速馬場での切れ味勝負はあまり得意ではない。というか、高速馬場自体もあまり得意ではないと思う。

前半で速い脚が使えないので序盤は後方に置かれるし、要所でも置かれがち。

ローズSを見ても前半・要所で置かれる欠点はまだ直ってないようだし。スローからのキレ勝負になり易いオークスよりは前半ペースが流れ易い秋華賞の方が良いとは思うけど、アエロリットやディアドラと比べると重い印は打ち辛い。それでも能力は世代上位なので、2~3着候補としては一応考えたい。

④ ラビットラン

ローズS(GⅡ
阪神芝外1800m)
①着

1.45.5 46.4 – 46.9

12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.3 – 12.0

芝はまだ2走しか走っていないけど、軽い馬場でのトップスピードの質は上質だと思う。持続力もある。内回りの秋華賞で外ぶん回すとどうなの?という疑問は残るが、2~3着候補に考えたい。

時間がないので、各馬考察はここまでとしたいと思います。

関連記事

  1. STAGE7 女性メンバー紹介

  2. STAGE7 コラム

  3. 続・俺に乗れ

  4. STAGE7新聞 倉光

  5. STAGE7 コラム

  6. STAGE7新聞 金森

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部