日比的思考

~日比的思考~

61回日比的人生を振り返る完結編

えーと、前回はビクターと契約して、メンバーと活動方針で揉め始めた30歳くらいまででした。ビクターからは4曲入りのEPを一枚出しました。「サンシャイン」とか「銀河鉄道の夜」って曲とかが入ってた気がしますが、もはや忘れましたね(笑)

だって現物ないし、会社の予算で作って、権利も持ってないですから。この時はライブの曲順すら会社に決められてました。バンドは売れると、この楽曲の権利関係を買い戻したりします。それが成功の証だったりして。1500枚くらい店で売れたとスタッフが言っていた気がします。

全国盤を出すようになってから、CD聴きましたと声をかけられることが増えていきました。一度、友達のライブの打ち上げに行った時のこと。対バンで以前から好きだった古明地洋哉君というカッチョ良い弾き語りミュージシャンがいました。挨拶に行こうと思ったら、向こうからスタスタやって来て、古明地君「音源良かったです!!」僕「俺も前から古明地君、大好きなんだよね~。」

→握手→抱擁→なぜか2人共号泣(笑)→関係者拍手喝采なんてことがありましたね。もう意味不明(笑)

僕が奥田民生大好きという理由からか、民生さんのバックを務める根岸さん&長田さんのバンドDr.STRANGELOVEとの対バンライブがあった時のこと。2人はプロデューサーとしても有名で、根岸さんはコッコ、GRAPEVINE、くるり、hitomiなどを当時手掛けていたので、リハーサルの後に、これ聴いてみてくださいとCDを渡しました。まぁ、こんなことばっかりでウンザリしてるだろうなと思いましたが、ひょっとして意見を聞けたらラッキーだからね。そこは迷惑とか言ってられないんだわ。

で、リハ後に出て行ってしまい、自分らの本番まで戻ってこないんだろうなと思っていたところ…。1時間弱、僕等の本番前に戻ってきました。長田さん「いや~、歌詞カード見たら歌詞がめちゃくちゃ良いからさ。急いで皆で戻ってきたんだわ~。」嬉しい、嬉しすぎる。他にもそのバンドのメンバーはコーネリアスや秦基博、くるりで叩いてるドラマーのあらきゆうこさんとか、ギターはGRAPEVINEの西川さんだったりと好きなミュージシャンばかり。ロック日本代表みたいな感じなので、かなり緊張しましたがライブも褒めてもらいましたね。

その後も根岸さんとは仲良くしてもらい、民生さんも紹介してもらいました。一度、渋谷のライブの時にちょうど僕の誕生日で、民生さんに誕生日会を開いてもらったことがありました。これ、たぶん人生で一番嬉しかったこと(笑)????

民生さんは、凄く礼儀正しくて、腰が低く、上下関係に厳しい人でした。コンサートの最後の撤収の時に全スタッフ、アルバイトを集めて

「今日はありがとうございました。」と深々と頭を下げるんだよね。誇張じゃなくて、本当に30秒くらい。

後、僕等みたいな若手ミュージシャンが一緒にごはんとか食べてる時にずっと携帯イジってたりすると、「お前、もう帰れよ。」とめっちゃ怒ります。民生さんに言われたことで、今でもハッキリ覚えてるのが、「日比は曲は売れ線だけど、性格が売れ線じゃないんだよな~。」です(笑)これは本当にそう。

たまたまバンド全員で東京にいる時に、根岸さんからhitomiのレコーディングをしてるから、日比一人で来いと呼ばれます。

当然、他のメンバーも行きたがりましたが、ドラマーが女の子だったので、それにNGが出ました。聞けば、女性ミュージシャンは自分のレコーディング現場に自分以外の女がいると、不機嫌になって仕事にならないそうです(笑)女ってどこの世界も一緒だな~って感じだよね(笑)で、用があるのもお前だけだから一人で来い、と。

で、一日見さしてもらって、根岸さん、僕、hitomiのマネージャーで飲みに行きます。根岸さん「今日、どうだった?」僕「いや~、やっぱ大メジャーのレコーディングは違うなって感じですね。1回くらい僕もあんなスタジオ使ってみたいです。」根岸さん「曲はどう思った?」僕「良いと思いますよ?」

根岸さん「お前、それ本気で言ってんの?俺はさー、こいつ(マネージャー)に曲が良くないっていつも言ってんだよね。もう無理だってあんな曲じゃ。ていうかさ、日比がhitomiの曲書けば良いじゃん。(マネージャーに向かって)別に良いよね?」

マネージャー「大丈夫です!!」

えー!!!という経緯で何曲か提出することに。まぁこれは採用されなかったけどね。今から思えば、根岸さんの優しさだった気がします。名古屋のサーキットフェス、トレジャー出演。

下北沢のライブハウスで一緒に演ってたACIDMANを名古屋に呼んでツーマンライブ開催。ell.FITSALL動員280人。(最初で最後の)ソールドアウト。ていうか、この時期のACIDMANのライブが凄すぎて完敗(笑)その下北のライブハウスで一緒にやってたSPORTSってバンドの

伊藤君は今、水樹奈々?の曲書いてますね。こないだ誘われました(笑)新栄アポロシアターで2回目のワンマンライブ。動員200人。名古屋のバンド友達の岡本君がメジャーデビュー後に元ジュディマリ

TAKUYAさんのローディをやっていて、「日比君に雰囲気がめちゃ似てるんだわ~。1回会ってみや~。」と紹介される。で、TAKUYAさんのフットサルチーム?みたいなのに入れてもらう。黒夢の人時さんとかもいました。さぁさぁ楽しいことばかりではございません。

この頃くらいからメンバー間の亀裂は決定的なものとなり、普段、事務的な事以外は全く喋らなくなります。またメンバーの他のバンドへのヘルプも増えていき、酷い時になると僕以外の全員で誰かのバックを務めたりするようになりました。それがまぁ、本当に楽しそうで

イライラするんだわ(笑)で、僕以外全員脱退。つまりは休止?解散?決定。カタギになって就職する人、スタジオミュージシャンとして上京する人、様々でしたが、キーボードの河野君はライブハウスELLグループのブッキングマネージャーになりました。

休止前最後のライブ。関東から呼んだ友達のバンドと椎名林檎のお気に入りバックミュージシャンが集まって始めたと言われてたバンドと対バン(今から思えば東京事変の前身ですね)。林檎ちゃんはデビュー後も足繁く下北沢のライブハウスに通っていて、研究に余念がないって感じでしたね。

で、その林檎バンドがまぁ上手いし、カッコ良い。で、僕の友達が演奏してる時とか楽屋のモニターで観ながらボロクソ言ってて、口も悪い!!つまりは怖いことこの上ない!!俺も何言われるかわかったもんじゃない(笑!!
まぁでもどうでもいいよ。こっちは人間関係でズタボロ。夜も寝れないっていう感じなんだ。、最後に魂を吐き出すだけや。

この時観てた人たちからは、アンコールで泣いてたよね?と言われたけど、全然そんな意識なかった。でも泣いてたのかもしれないですね。

なんか演奏中に客席見たら何人か泣いてて、メソメソするんじゃねーと思ったけど、どうやら僕を見てもらい泣きしてたという(笑)お前じゃねーかっていう(笑)で、その日の打ち上げ。店を出てさぁお開きという時。

打ち上げでもあまり絡まなかった林檎バンドのギターの人が、僕のところへやって来て言いました。目線は合わさないで。「君はさー、音楽の才能があるからさー。絶対続けた方が良いよ。そう思わない?」

僕は「ありがとうございます。」とだけ返しましたが、この時は本当に泣いてましたね。

で、休止して23ヵ月は裏方の仕事ばかりやってました。この頃になるともうバンド業界は完全に下火でしたが、まだまだ専門学校とかは好景気って感じで。椎名林檎になりたい子、YUKIになりたい子、GOGO7188になりたい子達がいっぱい入ってくるわけです。

講師もやってましたが、夏休みとかになると体験入学というのがあり、それのモデルバンドみたいなこともやってました。1420分くらい演奏して、バンドで6万円くらい貰えたので、そこからバックメンバーに7千円づつ渡してました。これが8月は月に20回ほどあり、はっきり言っておいしかったです(笑)待ち時間にセブンも行けたしな。

後、夏は名駅にあるマイアミというビアガーデンのマイちゃん、アミちゃんの曲を作ってレコーディングしたりとかやってました。

マイちゃんアミちゃんは毎年変わるんですが、そうゆうオーディションみたいなのも参加したりして。もうねビアガーデンのお客さん、酔っ払ってるもんで、CDめちゃ買ってくれるんですよね。毎日50枚とか売れてました。11000円で。夏は稼ぎ時って感じでしたね。

で、マイアミもそうなんですが、専門学校でもアイドル事務所でも凄いいっぱい歌ってる映像見させられて、こん中で誰か選んでとか言われるんだけどさ。才能ある子なんていないのよ。はっきり言って。

で、たぶん努力もしないのよ。もう選びようがないわけ。じゃあどうするかって、そんなもん好みの子しかないんですわ(笑)いやもうはっきり言おう。ヤリたい子を選んでるだけじゃー!!!!安室奈美恵だって、椎名林檎だってaikoだって原石でもいれば絶対にわかりますよ。けどそんなんいないから。本当に。

で、そうこうしてるうちにバンドはまだ動かんのか?とライブハウスのブッキングマネージャーになった河野君に突っつかれるようになりました。で、「あなた全然自分で動かないから、俺がマネージメントやるわ。」と。その代わり、河野君が働いてるELLグループでの活動をメインにしてほしい、と。

そこから河野君がバックメンバーを揃え、スケジュール管理をするようになり、バンド活動再開。すぐに1stミニアルバムの頃から気に入ってもらっていたバッドニュースという音楽事務所に協力してもらい、3rdミニアルバム「オートリバース」発売。全国のタワーレコード&新星堂限定でした。

ソロバンドなので、あまりツアーはできなかったけど、名古屋チーム、関東チームにバックバンドを分けて、名古屋、横浜、渋谷、下北沢で活動してました。が、この頃から僕の中でお店で売ることに関して疑問が沸いてきます。例えば、タワーレコードで売るとですね。売値の55%くらいはタワーレコードの取り分なんですよ。で、残ったお金からさらにレーベルの取り分があるわけです。こんなもんね、全然お金残らん。

つまり2000枚手売りするのと5000枚店で売れるのがイコールくらいになるわけ。店で売る意味ある?で、一応流通はさせたもののあんまり力入れなかったです。代わりにメインにしたのがHPでの通販。僕からのメッセージカード付きで送料無料という特典付き。

これ、色んな事情があるんだけど、最近になってバンド界のトレンドになってるみたいです。売上枚数自体が減ってるから工夫が必要なんですよね。

ていうか、CD量販店がまだこんなに生き残ってるのなんて日本くらいですよ。アメリカの新聞記者がこないだ日本に来て、タワーレコード渋谷店の前に立って、1998年にタイムスリップした!!っていうツィートあげてたもんな。ちょっとバカにしてるし、これ。

後、なぜか日本だとインディミュージシャンはお金の事は二の次で夢を追いかけてます、みたいな認識がありますけど、あれ完全に誤解ですからね。これバンドの友達といつも言ってたけど、夢なんてどうでも良いよねっていう。今ある問題をクリアすること、曲を仕上げること、活動するためのお金が一番大事で、夢のことなんて考えたこともない。逆に俺の夢は~とか言ってる奴で成功してる奴なんて見たことないです。で、外国のバンドになるともっと酷い(笑)もはやお金にシビアを通り越して、お金に汚いです(笑)何回かイベントで現場一緒になったけど、まぁ汚い!!めちゃカッコ良い、さわやかな音楽をやっててもお金には汚い!!お金の交渉の場ではサラ金業者も同然です(笑)まぁそれだけ必死なんだよね。超現実主義で、夢?何それ。食えんの?って感じですわ。

裏方ではなく、バンドでの一番おいしかった仕事は企業のパーティみたいなやつ。芸人さんでいうところの「営業」っていうやつですね。

これは230分の演奏で30万とか貰えるのもありました。でもね、一緒に出てた芸人さん達はもっと貰ってましたね。ポイズンガールバンドっていうヨシモトの漫才コンビが30分喋って120万。

マジシャンのふじいあきらさんが70万とか。まぁヨシモトはほとんど会社が持ってくらしいですけど、そりゃ芸人さん達は営業やるよな~って思いましたね。そう、だからバンド時代の話は金の話ばっかになります(笑)

これが3234歳くらいの話かな。この時期にも上京(メジャー)の話がありましたが、当然スルー。だってもうわりとリア充だったし、俺(笑)セブンで麻雀やりたいから無理~とか言ってた気がします(笑)そういえば、この時期にプライベートで凄い事件がありました。20代後半くらいから、何回かお見合いの話が来てまして。大体朝起きるとダイニングテーブルの上に写真と履歴書が置いてあって、母親にどう?って聞かれるパターンなんですね。

で、その日も置いてあり、見ればわりと綺麗な感じ、遊び慣れてる感じでした。母親が言うには僕の2コ上で、向こうが僕の事を気に入ってると。で…

母親「その子ね、○○家具のお嬢さんなの。」

僕「えーーーーーー!?じゃあさ、もし結婚したら俺は…」

母親「そう、○○家具を継ぐのよ。」

僕「えーーーーーー!!」

母親「気に入った?会う?」

僕「それってやっぱりバンドは…」

母親「辞めなきゃ駄目よ。当たり前じゃない。」

僕「ちょっと考えさせて。」

ていうか、どっからそんな話が来るねん。そしてセブン桜山店に行き、当時の村尾瞬店長に事の次第を伝えます。瞬君「日比さん、すぐにバンドは辞めましょう。そんな事をやってる場合ではないです。正気になってください。」

僕「いや~。でもさー。まだやりたいんだよなー。」

皆、ドン引きでしたね(笑)

で、やっぱり断ったんです。アホだなーとか思いつつ。その23ヵ月後。母親が新聞を指さしてめちゃ怒ってる。見ると、「○○家具倒産、負債5億円」の文字が…。母親「騙されるとこだったわ!!借金まみれになるとこだったわ!!」もうブチキレ過ぎて、死ぬんじゃないかってくらいキレてましたね。

これ、もはや週刊誌とかに持ち込めるレベルの話じゃない?僕はおいしい体験したなと、ゲラゲラ笑ってましたけどね。ていうか亀井編集長、これまたもや黒塗り案件では(笑?こんくらいの時期にインディになってたCHARAさんに楽曲提供。

渋谷の拠点をO-crestに変更。そこでアルカラ、グッドモーニングアメリカ、BLUE ENCOUNTなどと知り合う。横浜のair-codeという友達のバンドが地上波でテレビ番組持ってて、そこによく出るようになる。いきものががりのアレンジ&演奏を名古屋チームで担当。

こんとき仕切ってたやつは今、ポルノグラフィティとかさユリ、シネマスタッフのプロデューサーをやってます。江口君ね。まぁ僕とは仲が悪かったです(笑)

何てんだろ、ベンチャー企業の社長みたいな考え方で、ゲッターズ飯田(良い事言っちゃうよ系占い師?)とかが好きなんだよね、彼は。お互い、生理的に無理!!みたいな感じでした(笑)

知り合いのFM愛知の人が、僕の「SEPTEMBER」という曲を矢野きよ美さんの番組でかけてくれた際、矢野さんに「何この子!可愛い!

連れてきて!」と気に入ってもらい、それ以降ちょくちょく番組に出さしてもらう。初めて行った時、ライブハウスの社長に言われたのが

「いいか。凄い男好きだから気をつけるんだぞ。」でした(笑)はい、これも黒塗りか(笑? でも、何もなかったけどね。名古屋の友達のバンドのメンバーで僕のストーカーみたいになってしまった女の子がいて、その子と付き合い始める。

普通は怖くて嫌みたいだけど、僕はそんだけ好きなら付き合ってみる?と思っちゃうんです(笑)みわちゃんね。
初めてその子の部屋でヤッて泊まった日。買い物あるから付き合ってと言われて無印良品に連れて行かれ、その場でダブルベッドを購入。

「これでもうどこにも行かないで。ずっと一緒にいて。」と告げられます(笑)凄ない?みわちゃんとは4年くらい付き合いました。僕、朝起きてお弁当作って送り出したりしてましたね(笑)で、みわちゃんはめっちゃ働くから凄く稼ぐんだけど、職場の人とかへの奢り癖があって、いつも月末にはお金がない。だから毎日生活費1000円をお弁当と一緒に朝渡してました(笑)で、代わりにみわちゃんには僕の裏方の仕事のスケジュール管理と窓口をお願いすることになります。

結婚を意識するようになり、子供どうする?と聞いてもいらないと言う。理由は僕以外に愛情を向けたくない、子供とイチャイチャしてる僕を見たくないから。はい、そうです。どっからどう見てもメンヘラですね(笑)ゴリゴリです。

で、当然束縛は鬼のように激しく、僕も全く浮気をしなくなりました。4年の月日が流れ、お互いの親への顔見せも済んだ頃。みわちゃんの浮気が始まりました(笑)

帰りは毎日朝帰り。男がいるし、他にもヤッてる同僚が何人かいると言う。元々、男にそんなにモテるタイプじゃなかったんだけど、

実は僕と付き合って何年か過ぎた頃、服装やメークや喋り方を変えたらモテるようになったと。いやいやいや、それ変えたの俺だから!!

僕はけっこうそうゆう女の子プロデュースが得意というか、可愛くするのが得意だったりします。で、言われたキメ台詞がこれです。

「トキメキが無くなったんだよね。」

そんなもんフツー4年も付き合ったらねーわ!!

もう僕はその家を出ました。僕がローンを払った車や、僕が買ったばかりのテレビとブルーレイ、パソコンなどを残して。その1年ほど前。4thミニアルバム「ファントムダンス」発売。

3回目のワンマンライブを開催。で、彼女と別れる寸前の時期。もう精神的にもかなりスタボロ、不眠症も発症してる時期にバンドミーティングが行われました。

河野君がELLグループを辞めると言います。もうライブハウス業界は駄目だと。モトアキがスパイマスターを辞めると言う。もう出版業界は駄目だと。ていうか、スパイマスターも廃刊だと。

バンド業界もちょうどiPODが普及して、iTunesが始まりかけた頃。もう今で言うストリーミングみたいな形態も予測していました。

たぶん音楽は無料になるだろう。で、今まではインディでミュージシャンとして生活することにこだわってきたけど、たぶんこれからはメジャーに所属しながら定職を持つ時代になるはず。ていうか、そうゆうバンドの方が生き残ると思いました。で、そうゆうバンドが出てきたんです。こち亀の主題歌をやってた先輩のスカコアのバンドは全員サラリーマンだったりして。

バンド活動や裏方仕事もルーティンになってきていました。次なる展開が絶対に必要な時期なのは間違いない。よし、もうプロジェクトはいったん解散しよう。

で、皆定職に就いてからまた集結しましょう、という話になりました。ですが、僕は鬱MAXでとてもすぐに就職できるような状態じゃない。ちょうど震災の直後で、最初は何か月かボランティアに行く計画でした。しかし…

僕はその日もステージセブン桜山店に行き、待ち席のソファに座りながら、いや違うんじゃないかと思い始めます。ちょっとそれはカッコつけ過ぎじゃないか?もっと泥臭くて、夜はどうせ寝れないから拘束時間が長くて、嫌なことを忘れられる仕事が良い。けどあまり体力が必要な仕事は無理だ(まだこの時は筋トレしていない。)23ヵ月で良い。何かないのか?

繰り返しますが、それをステージセブン桜山店のソファでずっと考えていたのです。目の前では馴染みのメンバー達が働いたり、麻雀打ったりしています。こいつらなんでこの仕事してんだろうな~とぼーっと眺めつつ。

こ、これだー!!!

早速桜山店メンバーの亀井君と長濱さんを夜のファミレスに話があると呼び出して、「メンバーやりたいんだけど、どうかな?」と聞きました。2人共固まってました。「ど、どうしたんですか?」

次の日、当時の桜山店立木店長に電話したところ「酔ってるんですか?」もう埒が明かない。こちとらセブンじゃなくても良いんじゃ。せっかく義理を立てて最初に言ったのになんやねん、これは。とプンスカしつつ。

次の日、もうこれでセブンに言うのは最後にしようと思い、中寿文部長に電話。「なくはないですww」(完全に半笑いだったし、今から考えるとイエスなのかノーなのかがさっぱりわからない、笑)

この時37歳。で、気が付いたら6年も働いてます!!長い!!   メンバーになって良かったこと。初日からぐっすり眠れるようになりました(笑)

自身の経験から言いますと、身体的な疲れは精神的な病を凌駕する、ということです(笑)なので、僕は全国の鬱、不眠症の人たちに言いたい。すぐにメンバーになれと。

ちょっと話は違うけど、ミュージシャンで薬で捕まる人多いじゃないですか?あれも色んな理由があるんだけど、結局暇だからなんだよね。まぁ暇な時間に曲ができたりするんだけどさ。

そうゆう意味で言うと、僕がジャンキーにならなかったのは麻雀のお陰かもしれません。空いてる時間はほぼ麻雀やってたからな(笑)

他にも、女子の扱い方とか人の使い方とか色々勉強になることもありました。
最後に…女子メンとヤった話を書いてくれってけっこう言われたんだけどさ、それはやっぱり無理(笑!!)
誰だかバレるやん。飲みにでも行きましょう。いっぱい面白い話あるから(笑)

おしまい

なんか他の業界のこうゆう裏話とかも聞いてみたいっすね。医者とか飲食とか面白い話いっぱいありそう。

関連記事

  1. 続・俺に乗れ

  2. 日比的思考

  3. STAGE7 Sリーグ告知

  4. 池上さんの自由帳

  5. おかざきわたし ひとりめし

  6. おかざきわたし ひとりめし

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部