STAGE7新聞 金森

□塩釜店 金森 桜花賞・皐月賞予想□

☆桜花賞

今年は1番人気が順当か?
桜花賞は一番人気の取捨が重要なレースと言えます。

ブエナビスタやハープスターなどの人気馬がキッチリ勝って配当も堅く収まる時もあれば、昨年のメジャーエンブレムのように人気馬がアッサリ惨敗して配当も大荒れになることがあり、なかなかつかみどころのないレースです。

ですが、今年の1番人気ソウルスターリングには、どうやら逆らえそうにありません。

例年の桜花賞1番人気の中でも極めて順調にローテーションをこなし、勝ち方も文句なし。結論から言えば、こいつが軸でOKです。
◎ソウルスターリング

相手選び 桜花賞で好走しやすい馬の条件は?

軸馬が決まったところで今度は相手選びですが、

結論から言えば、

・チューリップ賞組 ・ディープインパクト産駒

この辺の要素が桜花賞と相性が良いです。

そんなワケで、

〇ミスパンテール

〇リスグラシュー

このチューリップ賞2・3着は対抗です。

別路線組では、

○サロニカ…エルフィンステークス勝ち馬。

今回の出走馬の中では貴重なディープ産駒。

○アドマイヤミヤビ…前走クイーンカップ勝ち。

皐月賞の有力馬カデナなど、牡馬相手の勝利実績が光る。

○ミスエルテ…昨年の朝日杯前まではソウルスターリングと同等の評価があった馬。

人気落ちの今回こそ狙い目か。

○レーヌミノル…毎回相手なりに好走する。安定感のある先行脚質が魅力。

☆買い目まとめ

◎→〇の3連単1着流し30点

☆皐月賞

もう1頭の怪物牝馬が歴史を変える!?
今年の牡馬クラシックは主役不在と言われてきましたが、

今回の皐月賞には前走牝馬のG3フラワーカップを圧勝したファンディーナ

急遽参戦を表明しました。

現時点での一部ファンの評価は桜花賞断然1番人気のソウルスターリングをも凌ぐほどで、実際にこれまでの勝ちっぷりも圧巻の一言。

ここは新たな歴史の幕開けを期待する意味でも、

◎ファンディーナとします。

相手選び 混沌の牡馬クラシックトライアル組

軸馬が決まったところで今度は相手選びです。候補は下記の通り。

○アダムバローズ…若葉ステークス勝ち馬。

若葉ステークス組はちょいちょい皐月賞で馬券圏内になる。

○カデナ…前走弥生賞勝ち。おそらくファンディーナがいなければ一番人気だった。

ただでさえ影が薄い推定一番人気だったのに、ファンディーナのせいで

その影がさらに薄くなってしまった不遇の男。

○スワ―ヴリチャード…前走共同通信杯勝ち。

共同通信杯は、ここ最近多数の皐月賞馬を輩出。

○レイデオロ…こいつのホープフルステークス→皐月賞直行という舐めたローテが今回の皐月賞を難しくする一因となっている。

切るに切れない困った存在。

○ウインブライト…前走スプリングステークス勝ち。

昨年もこのコラムに書きましたが、スプリングステークスには

ちょっとおもしろい傾向がありまして…それが、

スプリングS勝ち馬が2年に1回皐月賞で馬券に絡む説です。

ここ数年は以下の通り。

2016年 スプリングステークス勝ち馬 マウントロブソン→皐月賞圏外

2015年 スプリングステークス勝ち馬 キタサンブラック→皐月賞3着

2014年 スプリングステークス勝ち馬 ロサギガンティア→皐月賞圏外

2013年 スプリングステークス勝ち馬 ロゴタイプ→皐月賞1着

2012年 スプリングステークス勝ち馬 グランデッツァ→皐月賞圏外

2011年 スプリングステークス勝ち馬 オルフェーヴル→皐月賞1着

2010年 スプリングステークス勝ち馬 アリゼオ→皐月賞圏外

2009年 スプリングステークス勝ち馬 アンライバルド→皐月賞1着

皆さん、今年はスプリングステークスの勝ち馬が来る年ですよ!

☆買い目まとめ

◎→〇の3連単1着流し20点

関連記事

  1. おかざきわたし ひとりめし

  2. STAGE7 コラム

  3. STAGE7新聞 亀井

  4. STAGE7新聞 磯村

  5. STAGE7新聞 コラム

  6. STAGE7 イベント紹介

金山店(本店)

金山店(本店) – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

塩釜口店

塩釜口店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

八事店

八事店 – 名古屋のフリー雀荘・ステージセブン

桜山店

桜山店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

岡崎店

岡崎店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

豊田店

豊田店 – 名古屋のフリー雀荘/ステージセブン

最近の記事

  1. 2017.10.1

    STAGE7 編集部